新築マンションのキッチン扉に合わせた造作家具での食器棚製作

新築マンションのオプション会で非常に人気の高い商品はキッチン合わせの食器棚です。
これは既存キッチンの扉や取っ手金物、カウンター材を同じ仕様で製作するキッチンバックカウンター式食器棚です。
同じ仕様で製作する事でキッチンに一体感が生まれオープンキッチンならではの統一感です。
また通常はオーダーメイド式で製作しますので内部構成やサイズなどはミリ単位で製作が可能で
個々のお客様が希望する内容で製作する事ができます。
但し、例外として造作家具で製作する食器棚は非常に高価な為オプション会でも思ったように売れないので
単純に価格を抑える為にオーダーメイドにせずキッチンメーカーさんの既成サイズで販売している所もあります。
この場合には仕様やサイズが定番からしかセレクトができませんので使い勝手と言う点では低い点数になってしまいます。
でも既製品と言う事で価格はだいぶ抑えられていますので予算の少ない方には良いかもしれません。
良く検討して購入する事をお勧めいたします。

オプション会でしかキッチン合わせの食器棚は製作できない?

オプション会スタッフの謳い文句のようですが他店でも同様にキッチン合わせで製作する事は可能です。
下記にそのシステムを説明させて頂きます。
マンション(集合住宅)の場合は戸建とは違い多数の住戸が存在する為キッチンも住戸の数分がメーカーへ発注されます。
当然ですが発注先は仕入れ価格圧縮の交渉があります。
ですがキッチンメーカーも一般カタログ品をダンピングしては市場価格が乱れますので業界で言う
「物件対応品」として特注品番で発注を行います。
なのでマンションのキッチンはメーカーのカタログには無い仕様なんです。
極論から申しますと納品は全てキッチンメーカーから納入しますが実際にはキャビネットしか提供をしていません。
その他、扉や取っ手金物、カウンター材は専門メーカー指定のものをキッチンメーカーが仕入れて
自社キャビネットと同時にマンションへ納入します。
扉や取っ手金物、カウンター材はマンションのモデルルームをデザインする際に行われるデザインコンペで決まります。
このデザインコンペは複数の外部コーディネーターが入札をして優秀なデザインが落札できます。
これはキッチンだけでなく住戸内の建具や壁紙等のカラーセレクトにも関係しています。
このコーディネーターさんは、どのようにして仕上げ材をチョイスしているのでしょうか?
それは仕上げ材メーカーさんのサンプル帳から任意のものをセレクトしています。
話しが長くなりましたが、上記の通り一般仕上げ材メーカーさんのサンプル帳からセレクトしている材料なので
一般的な家具店でもキッチン合わせの仕様で製作ができるんです。
逆に戸建住宅のようにキッチンメーカーのカタログ商品ですとメーカーオリジナル面材なので一般家具店では
同様の扉で製作する事ができません。

オプション会の食器棚は造作家具では無い?

折角オプション会で得られた造作家具の食器棚ですがオプション会では流れ作業の為、個々のお客様に取れる時間が
少ないので食器棚の構成もタイプ別にセレクトがしてあり選択するだけになっています。(全てではありませんが)
折角の造作家具なのに構成やサイズが自由にできないので非常に残念です。
しかも価格はオーダーメイドそのものですのでオプション会で購入するのは躊躇してしまいます。
また近年オプション会もネットが普及してきましたので高額なままでは売れない事を気づいてきました。
その為、見えない部分でのコストダウンが非常に目立っています。
例えば使い始めると分かる部分ですが引き出しのレールが非常に貧祖で「白レール」と呼ばれるものが多く採用されています。
これは最低限のレールで金属のレールに樹脂の滑車で動くものです。
しかも2段引きレールですので長さの1/4が引き残り奥のものが取り難い構造です。
(動きも悪く音も煩いです)扉には防虫パッキンも付きませんので扉を閉める際には音が大きく響きます。
高いオプション会なのに仕様は貧祖なんです、早く気付いてください。

オプション会で購入するメリットは?

オプション会で購入するメリットは「引き渡し前工事」しかありません。
もちろんお客様により個々の諸事情がありますのでメリットと感じる部分があるかもしれません。
例えば、打ち合わせが面倒、商品に拘りは無い、引き渡し日からすぐに入居するので後工事が嫌。
などの理由がある方にはオプション会のメリットがあるのではないでしょうか。
オプション会以外で購入される方は鍵の引き渡し後からご入居までの数日間で納品(工事)を行います。
引き渡しからご入居までにある程度余裕のある方には他店がお勧めです。
造作家具の採寸タイミングは内覧会時です。
内覧会を朝一番へ変更して頂ければ午後からは再入室して造作家具のお打ち合わせや採寸が行えます。
概ねこのタイミングでご注文すれば引き渡し後直ぐに設置工事ができるのではないでしょうか。
この作業がもし面倒でなければ一般店の方がメリットが多いはずです。
オプション会のように早い締切もありませんしお打ち合わせ回数の制限もありませんので納得行くまで何度も
お打ち合わせができます。

得をするショップ選びのコツ

インターネットで検索しますと一般家具店が沢山ヒットしますね。
この数ある中から貴方のイメージにあるショップを選ぶ訳ですが幾つかコツを伝授しましょう。
まずはホームページの内容が詳しく書かれていて頻繁に新着情報など更新がされているか。
放置されているホームページはインターネット経由から集客をしてない証拠です。(いわゆる売れていない)
施工例写真は参考になりますので沢山掲載されているウェブサイトは売れている証拠です。
必ずホームページには会社概要がでています、運営期間が長くて法人がベストです。
また造作家具は置き家具とは違い壁へ固定する工事が伴いますので建築にも精通している会社が良いですね。
建設業許可などを掲げている会社で判断ができます。

その他のコンテンツ→ オーダーメイド食器棚の魅力とは